マウイ島、ワイレアで超おすすめリゾート!大人専用の隠れ家はどこ?

日本人にもますます人気が高まりつつあるマウイ島。そこで、オアフ島では楽しめない、大人専用の高級リゾートを楽しんでみませんか?「子供の宿泊不可」そう言い切ってはばからないそのリゾートホテルは、ハワイには珍しいまるでオーベルジュ。それはワイレアにあった!あなたは、このリゾートを知っていますか?

そのホテル、実は世界一有名な旅行雑誌 Conde Nastが選ぶ2017年「ハワイのホテル No. 1」、またトリップアドバイザー「2018年、ハワイのホテル No. 1」に輝いていた!さてさて、どんな魅力があるのでしょうか?

マウイのリゾート。それは、オアフより20年進んでいる?

マウイ – MAUI。その響きが米本土のアメリカ人は本当に大好きです。

だから、でしょうか。マウイは住人、観光客含め白人が多い島です。オアフよりも「あ〜、ハワイはアメリカなんだ〜」と感じるでしょう。

マウイ。その意味は、ポリネシア神話で太平洋に浮かぶ数々の島とそこに住む人々を創造したとされる樣のこと。

そして、マウイはハワイ列島のド真ん中。ハワイ島ほどのスケールは無いにしても、ハレアカラ山に代表されるように、オアフ島よりもはるかに「ここが太平洋の真ん中に浮かぶ火山島なのだ」と感じる、大自然に寄りかかれる、そんな大らかな限りない「ゆったり感」があります。是非、是非訪れてほしい島です。

そして、マウイのリゾートホテルは、オアフと完全に違い、そのホテルの中で完全体験を楽しめる総合リゾート型が基本。ホテルとプールだけ、というオアフのリゾートホテルとは根本的に一線を画す部分が、やはり業界的に20年はオアフより進んでいるでしょうか。(オアフの新しいところで言えば、コオリナのリゾートに近いです)


バートがマウイで超一押しのホテル!


そんなマウイ島で、僕が一番オススメのホテルがこのホテル・ワイレア(正式名称は、ホテル・ワイレア・ルレ&シャトー、アダルト・オンリー)。ただし、条件付きです。ここは子供が泊まれません。大人だけです。だから残念ながらファミリー向けではありません。(ファミリーの皆さん御免なさい)でも、もしお子さん達がもう育って、ご夫婦だけで大人のリゾート体験を、とおっしゃるカップルでしたら、それは理想的なステイが必ずできるでしょう!

本当に良いホテルは、写真だけでは分からないのだな〜と本当に思います。その空気感。その時間の流れるリズム。刻々と移り変わる光と海の色々。淑やかで本当に心地よい、なめらかで柔らかいハワイアン・ミュージック。そして、そこで迎えてくれる人々のふかふかの笑顔・笑顔・そして笑顔。「アロハ〜」と声をかけてくれる真実の優しさ。やっぱり悔しいけど写真では到底表現できないし、感じ取れない。そんな思わず微笑みながら涙がこぼれてしまいそうな嬉しさ、それを感じることができるホテル。そんな感じなんです。


それはワイフの誕生日だったから?


ワイフの誕生日の為の2泊3日のオアフからマウイ島の旅行でした。それを事前に伝えておいたから、かどうかわかりませんが、おそらくこのホテルの中ではベストビューの083号室に泊めていただきました。ワイレアの海からちょっと丘を登ったところなので、着くまでは「海が遠くて大丈夫かな?」とか心配していましたが、着いてみると実はとても良い距離感で、「海だけではないワイレア」を堪能できる立地でした。

そして、ちょっと高台なので、なにしろ景色が素晴らしい!ラナイからは4つの島、(カホオラヴェ島、モロキ二島、ラナイ島、そしてマウイ島の反対側)がパノラミックに見渡せて、その間を雄大な水平線が柔らかな弧を描いて見え、手前には超高級リゾート住宅地が広がり、左にはゴルフ場も見えます。正にマウイの雄大さを感じる、本当に天国の景色のようです!


そしてお部屋が天国!


お部屋も、1ベッドルームのスイートで、広い突き出したラナイには朝食をとるのに丁度良い藤のイスと丸いテーブル、そしてゆっくり景色を堪能するための広めのラブチェアがゆったり入る広さ。そこに様々な小鳥たちが遊びに来て、彩りを加えてくれます。Sub-zeroの冷蔵.庫も使いやすく、シンクもついて、この部屋にはレンジ&ストーブこそなかったものの、他の部屋には付いているものもあるようです。

ソファも大きく、長期滞在にもぴったり、ゆったりです。そして、バスルームがとても贅沢な空間で、大きなバスタブ(日本の普通のものより深く広く)や広々としたレインシャワーがあって、バスタイムもとても楽しくなります。

ベッドルームのインテリアもとても落ち着きがある中にもモダンな個性があって居心地がいいですね。ベッドのマットレスもラグジュアリーなフワフワ感たっぷり。083号室は2階だったので、天井がボルテッドシーリングでとても高く、その広い空間がとてもリラックスできました。

でも、私の一番のお気に入りはやはりラナイ。是非、チェックイン前にお好きな果物やパンなどを仕入れておいて、お部屋に付いているトースターやNespressoのコーヒーメーカー(コーヒーも無料でたくさん付いています)を使って天国の朝食をどうぞ! カフルイ空港近くにあるDown to Earthでは、オーガニックの新鮮なフルーツなども豊富に揃っていますよ。あそこで仕入れたマンゴーやパパイヤは最高でした!


ガーデンの中のリゾート。移動は歩かないって本当?


敷地内は、1棟4部屋の建物が生い茂るガーデンの中に点在しているので、ロビー、レストランやプールなどへは電気自動車のカートでいつでもお迎えがあり連れて行ってくれます。フタッフもとてもフレンドリーで爽やかな人ばかり。また、ホテルの外でも、ワイレア地区内でしたら何処へでもメルセデスのSUVで無料で送迎してもらえます。これはとても便利!

今回も空港との行き来のためとハレアカラに行くためにレンタカーをしましたが、ホテル滞在中は全く使いませんでした。近くのレストランのMonkeypod Treeやフォーシーズンズホテルに行った時もとても便利。ショッピングモールへも無料送迎です。このサービスはいいですね!


極楽プールエリア。無料ワインテイスティングって?


そして、プールエリアもとても静か!なにしろ、このホテルは子供が泊まれない大人専用のホテル。特に、来ていたほとんどのゲストは経験豊かそうなカップル(ご夫婦含め)。静かなわけです!

また、午後5時になるとワイン・テイスティングタイムになって、無料でワインが「お味見」できます。ロッキングになっている水中ベッドで浅瀬のプールで寝転んでいたら、あまりに気持ち良くて必要以上に焼けてしまいました。プールサイドでの軽食やおつまみなら、意外とおすすめは「トリュフオイルのフライドポテト」!病みつきです。


ダイニングも神がかる、オススメメニューは?


そして、メインダイニングの「カピーシェ」のディナーも最高でした。ワイフの為に特別にシェフが作ってくださったケーキも大きくて!翌朝の朝食にもなっちゃいました(笑)。

おすすめは、エビのカルボナーラ!プリプリの大きなエビに、濃厚だけど濃すぎないまったりソースで、白ワインが進んでしまいます。ホテルのサブマネージャも「私は正直な話、ここの$90の和牛リブアイ・ステーキよりもこのエビ・カルボナーラが好きでたまらない!」と熱く語っていました。


たった72部屋!予約はお早めに!


さて、このホテルは、マウイが初めての方でも十分に楽しんでいただけると思います!ただ、ゆったり楽しみたい方の方がオススメかもしれません。ハワイには少ない、オーベルジュっぽいホテル。

ワイレア地域は、海辺のリゾートだと午後になると風が強くなるのですが、ワイレア・ホテルの場所まで登ってくれば影響はありません。海だけではなく、ワイレア地域全体を見渡せるマウイの神の視点でマウイ全体を深呼吸できる立地!また、車が無くてもホテルのシャトルサービスで自由に出歩ける解放感。でも、その72部屋が、実はいっぱいになることも多いそうなので、お早めのご予約を。アロハ!

ハワイで日本食材!日系スーパー比較!あなたにぴったりのスーパーはどれか?(全3回、その3)

さてさて、ホノルルの日系スーパー大比較企画の第3弾!  第一回(へは、こちら)はまずアクセスと価格比較をしましたね。2回目の前回(へは、こちら)は、品揃えと得意 vs 不得意分野の比較でした。

さて、だんだんそれぞれのスーパーの正体が見えてきましたでしょうか?

そして、今回は意外と行ってみないとわからない環境の部分、冷房の効き方から始まって、実際にどんなあなたにどのスーパーがオススメなのか、そこに注目してみましょう!

冷房度:

ハワイは、お店やレストラン等で時に冷房がとても効いている(キツイ)ところが結構あります。特に夏などは外気温との差が激しく、また、夏だと思って薄着をして行くとブルブル震えるくらい寒い思いをすることがあります。

ローカルの人達やアメリカ本土から来る人たちは平気な顔で闊歩していますが、日本人、特に女性の方は要注意です。

また、にここでは「冷房度」と勝手に呼んでいますが、どれくらい寒いと感じるかをシェアさせていただいています。

ただ、これは実際に温度を測ったわけではありません。「感覚」っぽい印象だとご理解ください。僕のワイフのEちゃんはとても寒がりなので、彼女のコメントなどからも大いに影響されている数字です (^^);;。

冷房度 1~4は、外気よりも暑く、「もっと冷房効かせればいいのに」と思う範囲。

冷房度 5は、外気とほぼ同じ感覚。扉や窓をオープンにしている所などが良い例です。

冷房度 6~10は、数字が高ければ高いほど「寒い度」が高く、上着持参の必要度、です!

*注:ハワイの外気はとても過ごしやすいので、日本の真夏の外気とはだいぶイメージが違います。真昼の晴天日でも、木陰に入ると涼しくて気持ちが良い、そんな感じです。

冷房度:ミツワ・スーパーストア・ワイキキ店 ー 7 (入店5分後に寒い/涼しいと感じる)

冷房度:ニジヤ・スーパーマーケット・アラモアナ店 ー 9(入店2分後に寒いと感じる)

冷房度:ドン・キホーテ・カヘカ店 ー 10(入店1分後に寒いと感じる)

こんな方にオススメ:

では、それぞれの日系スーパーは、どんな方にオススメなのでしょうか?ここは僕の独断と偏見でそれぞれのオススメ度を出しちゃおうと思います!

あなたにオススメ:MITSUWAワイキキ店

ー 近場で便利に日本食材をゲットしたいあなた!

ー ちょっとだけ日本酒/焼酎とおつまみが欲しいあなた!

ー 和食のお弁当が急に食べたくなったあなた!

ー ちょっとしたお買い物ついでにラーメンも食べたいあなた!

ー 日本のこだわりののど飴が買いたいあなた!

ー 生鮮食品はそれほど必要ないあなた!

あなたにオススメ:NIJIYA SUPERMARKETアラモアナ店

ー しっかり日本食材をゲットしたいあなた!

ー アラモアナセンターに行くついでに日本食材をゲットしたいあなた!

ー 旅行中とはいえ無添加やオーガニックにこだわりたいあなた!

ー 一通りのものを短時間でささっと買いたいあなた!

ー お弁当やお寿司も買って帰りたいあなた!

ー 車なので、ちょっとだけ寄って、でもしっかり買いたいあなた!

あなたにオススメ:DON QUIJOTEカヘカ店

ー たくさんの品揃えからじっくり選びたいあなた!

ー ハワイのローカル文化も触れてみたいあなた!

ー 日本食材だけじゃなく、日本へのお土産もお得にたくさんゲットしたいあなた!

ー アメリカ食材も見たい、買いたい、比べたいあなた!

ー POKEやプレートランチも食べたいあなた!

ー ステーキ肉やらコマ切れ肉やら魚や鶏肉まで本格料理素材もガッツリいきたいあなた!

ー お酒も豊富な品揃えから格安に買いたいあなた!

ー バスで行く時間も惜しまないチャレンジャーなあなた!

ー レンタカーをしているあなた!

さて、どうでしたか?あなたにピッタリな日系スーパーはどこでしたか?それぞれの個性が分かれば、どこで何を買ったら良いか分かりやすいですよね!楽しいハワイ滞在中に是非試してみてください。

ちなみに、ワイフのEちゃんはNIJIYA派。あの適度な小ささが良いらしいです。また、オーガニックの商品が多いこともお気に入り。「ちょっと高いわね」と、こぼしつつ、やっぱり足が向くのはNIJIYA。僕はドンキ派です。僕はハワイで10代を育ったのでローカル色の強い、そして価格が安いドンキが好きです。でも、仕事でミツワも近いので、よくお世話になります。それぞれですね!

是非、お買い物してみてください。アクセス、品揃え、価格比較、得意 vs 不得意分野、などなど、日本のスーパーとはまた違ったハワイならではの発見がきっとありますよ!

さあ!この3回の比較企画で、あなたの「ハワイ力(りょく)」の中の「日系スーパー力!」がますます強化されたと思います!おめでとうございます!

もう一度2回目1回目を見たい方はこちら!

では、今日も元気に、ハッピー・バート・デー! 

アロハ!

ハワイで日本食材!日系スーパー比較!あなたにぴったりなスーパーはどれか?(全3回、その2)

さてさて、今日も「本当のことがわかる」バートのハッピー・ブログです!

ガイドブックや観光情報サイトだけだと、なんとなく良いことしか書いていなくて、今ひとつ現場の本当のことがわかりにくい。そんなところに本当のところはどうなの?

と、ハワイ州ホノルル市にある日系スーパーを比較しています。前回はアクセスと価格比較でしたね!さて、今回は「品揃え」「得意 vs 不得意分野」を見てみます〜!

今回もホノルルにあるメインの日系スーパー3つを大比較!さあ、あなたが行くべきはどのスーパーでしょうか?

ー ミツワ・スーパーストア・ワイキキ店 

ー ニジヤ・スーパーマーケット・アラモアナ店 

ー ドン・キホーテ・カヘカ店 

品揃え:

日系スーパーと一言で言っても、その内容は各社違います。中でも、全体的な品揃えは気になりますね!

品揃え:ミツワ・スーパーストア・ワイキキ店 

食品は、保存の効くパッケージ系や瓶モノ、お菓子、インスタント物、などが棚にある商品の大半を占めています。また、お弁当やお寿司などが充実しています。陳列棚のすぐ後ろのキッチンで作っていて新鮮。その代わり、生鮮食品は品数が少ないですお肉なども鮮度が良いようには見えません。

イメージ的にはとても大きなコンビニ、という感じでしょうか。また、店内には、ラーメンの「山頭火」、モチモチ・ドーナツの「MODO」、抹茶ドリンクのお店などの出店もあり、店内奥のテーブル席で食べることもできます。電子レンジや湯沸かしポットもおいてあるので、冷蔵棚から買ってきたお弁当等を温めたり、カップ麺にお湯を入れたりできます。

また、日本製のコスメ関連製品にも力を入れているのは、観光客を主に狙っているからでしょうか。ハワイのお土産も、店の入り口付近に少し置いています。ハワイのフルーツフレーバーのお茶、などブランド的にABCストアには無いニッチなアイテムもあります。

品揃え:ニジヤ・スーパーマーケット・アラモアナ店 

オーガニック食材や無添加製品が豊富です。NIJIYAのプライベートブランドのオーガニックものも数多くあります(米、醤油、豆腐、味噌、卵、など)。

また、店のキッチンで毎日作られるお弁当、お寿司、甘味、お惣菜、なども豊富です。ここも店内で食べられるスペースがあります。また、お持ち帰り用に氷も自由にビニール袋に入れられます。

生鮮食品もなかなかよく揃っていて新鮮です。冷凍食品も豊富です。店の大きさも中規模で、買い物もしやすいです。ほぼ全てのカテゴリーのものが一定量適度に置いてある、そんな感じです。

品揃え:ドン・キホーテ・カヘカ店 

何しろ店の規模が他の2点とは格段に違い巨大なので、品揃えで言えば圧倒的に一番です。ここの野菜・果物売り場スペースだけでもMITSUWAやNIJIYAの店がすっぽり全体入ってしまうくらいです。もともとダイエーだった総合スーパーを買い取ってそのまま運営している部分が多いので、ローカルの人達も日本食材にかかわらず非常に依存度も高い総合スーパーです。

日本のドンキホーテとはちょっとイメージが違います。そして、日系というか、ローカル・ジャパニーズの色濃い店でもあります。また、マカデミアナッツチョコレートやコナコーヒーを始め、ハワイのお土産の品揃えと価格の安さは特筆ものです。

商品の種類も品揃えでは他2店と比較にならないくらいの多さです。特に、日本からの酒類なら、ドンキに無いものはハワイには無い、と言えるくらいの品揃えです。季節には、希少なOpus Oneのような高級ワインも置いています。高級ウィスキーなど値が張る酒類はレジ前のカスタマーサービスのカウンターにあります。

アメリカやアジアの食材も豊富。Tシャツなど、衣料は品数・品質共に限定的です。

得意分野 vs 不得意分野:

さてさて、そろそろ総論的な部分に入っていきましょう。上記で比較した点以外にもそれぞれの個性を表すところは沢山あります。

得意 vs 不得意:ミツワ・スーパーストア・ワイキキ店 

何しろロケーションです!ワイキキの殆どのホテルやコンドミニアムから歩いて行けます。お弁当や麺類など、その場で食ベル為のスペースも明るくて快適です。ちょっとした日本からの薬や薬局アイテムなどもあります。

カマアイナ割引 (3~5%)もあります。

反対に、価格は3店舗の中で一番高め設定です。便利代ですね。NIJIYAの1~2割高、DON QUIJOTEの2割~5割高、というところでしょうか?

そして、生鮮食品はいつ行ってもあまり期待できません。特に品揃え。野菜類は新鮮そうですが、お肉などは色が変わっているものも多いです。

魚類は、お弁当売り場にお刺身や焼き魚がありますが、調理して食べる魚類は干物や加工品が少々。(日持ちの関係でしょうか)

お酒類が特に高め価格です。唯一、キリン一番搾りが12缶箱が$7.99と客引きアイテムなのかABCストアよりグッと安いです。他のお値段は、まあ、ワイキキの中心部の高家賃の中ですから、致し方ありませんね。

冷房度:

得意 vs 不得意:ニジヤ・スーパーマーケット・アラモアナ店 

有機食品、無添加にこだわるならここです。また、店舗サイズも大きすぎないので手軽に全てのカテゴリーを回れます。

3店舗の中で一番日本から来た日本人に馴染みやすいかもです。お弁当や寿司関連なども豊富で美味しいです。でも、どちらかと言うとお持ち帰り用、でしょうか?無料駐車場もまあまあ多いので待つことは少ないです。

品揃えは、広く浅く系です。人気・定番は押さえていますが、カテゴリーによっては1カテゴリー1品、的なものもあります。コンビニレベル、とは言いませんが小規模スーパーという感じです。ただ、鮮度は比較している3店舗で一番良いように思います。

冷房度:9

得意 vs 不得意:ドン・キホーテ・カヘカ店 

何と言っても、日本食材だけでなく「なんでもある」と言っても良いくらいの総合スーパーです。

特に、日本の人にはハワイ土産が豊富で安いのが人気です。

お刺身グレードの新鮮なアヒや魚介類を使った人気のハワイ料理POKEや、日系人がハワイで育ててきた和食文化のOKAZUYA(おかず屋)などローカル食材品揃えがすごいです。

調理用のお魚も、オーパ、アヒ、シュウトメ、モンチャン、など日本では食べられないハワイ近海のものも豊富!美味しいですよ!是非試して見てください。

ただ、非常に広いので、各売り場を探して歩き回るのに少々骨が折れます。そして冷房効きすぎ!寒い!是非上に羽織れる長袖一枚ご持参オススメです。

冷房度:10

さて、ハワイの日系スーパー3店舗の特徴がだんだん見えてきたと思います!次は最終回の3回目(へは、こちら)、環境や、どんな方にオススメなのか、そこをみてみますね。お楽しみに!

アロハ〜!

ハワイで日本食材!日系スーパー比較!あなたにピッタリのスーパーはどれか?(全3回、その1)

「日系スーパー力(りょく)!」

さてさて、今日も「本当のことがわかる」バートのハッピー・ブログです!

ガイドブックや観光情報サイトだけだと、なんとなく良いことしか書いていなくて、今ひとつ現場の本当のことがわかりにくかったりしませんか?そんなところに本当のところはどうなの?という視点で見てみますね!

最近はハワイの滞在日数が増えてきました。Airbnbやバケーションレンタルでワイキキのコンドミニアムを借りたり、ホテルよりも格安で、さらにフルキッチンも付いていたりするので、ハワイの滞在スタイルも多様化してきていますね!

そんな中、日数が増えると毎日パンケーキやステーキばかり食べているわけにもいかなくなってきます。そこでやっぱり日本食が食べたい。それも、ワイキキの和食屋さんだけじゃなく、せっかくキッチンもあるのだから自分でささっと料理して食べたり、ましてや「朝食ぐらいは自室で済ませたい」そんなこともありますよね? 

そこで! 

ホノルルにあるメインの日系スーパー3軒を3回に渡って比較してみました。さあ、あなたが行くべきはどのスーパーでしょうか?まずは、比較したのは次の3つ。 

ー ミツワ・マーケットプレイス・ワイキキ店 

ー ニジヤ・スーパーマーケット・アラモアナ店 

ー ドン・キホーテ・カヘカ店 

もう皆さんよくご存知の3店かもしれませんね。 

では、あなたはどのお店タイプか???あなたにぴったりのスーパーを探しましょう!

ここで比較するのは、「アクセス」「価格」「得意分野」「品揃え」などなど!

1回目:「アクセス」、「価格比較」

2回目:「品揃え」「得意 vs 不得意分野」(へは、こちら

3回目:「冷房度」「あなたにオススメのお店はここ!」(へは、こちら

さあ、いきますよ!

まずはアクセス:

ミツワ・マーケットプレイス・ワイキキ店 

何と言ってもワイキキのど真ん中!INTERNATIONAL MARKET PLACE (IMP) のクヒオ通り側2Fにあります。ワイキキ中心部唯一の日系スーパー。もともとはアメリカ本土でチェーン展開している大手スーパーのハワイ第一号店です。

ワイキキにある本格的日系スーパーはここだけなので何しろアクセス的便利さは断然トップ!車で行く時は、IMPに停めましょう。$10以上買うと1時間まで無料のバリデートをしてくれます。(1時間目以降は1時間につき$2で、4時間まで。)

ニジヤ・スーパーマーケット・アラモアナ店 

ホノルルに2店舗あるNIJIYAの中で、アラモアナセンター西端の外側に隣接しています。デパートのNORDSTROMの近く。ワイキキからはアラモアナセンターを通る8番、19番、20番のバスで行くことができます。

車で行く時は無料駐車場も多くあります。アラモアナセンターの駐車場に停めるのではなく、NIJIYAが入っているモールに停めましょう。

ドン・キホーテ・カヘカ店

アラモアナセンターから山側へ2ブロック。ワイキキからは2番のバスで近くのカラカウア大通りのバス停まで行けます。車の場合、巨大な無料駐車場があります。アラモアナセンターからも歩ける距離です。

次は気になる価格比較!

同じ日系スーパーでも値付けは結構違います。まずは皆さんがよく知っているものを参考までに比較して見ます。

キッコーマン醤油1L

マルちゃん 緑のたぬき

キューピーマヨネーズ

獺祭:純米大吟醸50% 720ml

キリン一番搾り12 oz缶12本

刺身4点盛りセット

アイテム 項目 ミツワ 価格 ニジヤ
価格
ドン・キホーテ 価格
キッコーマン醤油 1L 調味料 $3.69 (296 ml) $4.99 $6.99
マルちゃん緑のたぬき カップ麺 $3.39 $2.89 $2.49
キューピーマヨネーズ 調味料 $7.99 $6.49

$5.99 ($4.99 Sale)

ハウス ソフト豆腐 豆腐 $2.79 $2.19 $2.19
獺祭 純米大吟醸50% 720 ml 日本酒 $38.99 $33.99 $29.99
キリン一番搾り 12 oz缶12本箱 ビール $7.99 $9.99 $9.49
刺身4点盛りセット 鮮魚・  パック $11.99 (3点) $13.99 (14枚) $17.99 (16枚)

 

全体的に比較して、価格の安さで比べると、1.ドンキホーテ、2.ニジヤ、3.ミツワ、となりますね。どうですか?価格だけで全てが決まるわけではないですけど、でも一番分かりやすい比較ですよね!その他にも、品揃え、得意 vs 不得意分野、そしてあなたに合わせたオススメ度、など、どんどん見ていきましょう~!

日系スーパー比較!その2「品揃え」「得意 vs 不得意分野」へはこちら。